内容最終改訂日:05/19/2003
ページ最終更新日: 06/10/2013 07:24:42

ライトネット ロゴ ライトネット
ホーム − 会社概要・沿革 − 特定商取引表示 − サイトポリシー − 個人情報保護 − 著作権・商標等 − お問い合わせ

サイトマップ − リンク −  採用情報 − パートナー募集 − 業務提携・その他


当社定款の写し 表紙部分です。

会社内部へ保存する定款原本の場合、
表表紙の印紙貼付欄へ所定の印紙をお貼り下さい。
設立時に法務局へ提出祭には、写しで構いません。
もし原本を提出する場合には、返却をして頂く手続き等を同時にお取り下さい。
 

当社定款の写し 裏表紙部分です。

会社内部へ保存する定款原本の場合、
裏表紙から定款の写しである旨の記載を削除して下さい。
設立時に法務局へ提出祭には、写しで構いません。
もし原本を提出する場合には、返却をして頂く手続き等を同時にお取り下さい。
 
製本テープを貼る前に、ホッチキス(テプラ)等で2ヶ所を綴じて下さい。
また、どの辺を綴じれば良いのかと言う辺りは、「合資会社設立登記申請書」の方の参考画像をご参照下さい。

例では黒色の製本テープを使用している為、裏表紙との間を割印で結んでいるのが見辛いです。
製本テープには朱肉が乾く迄、手でこすったりしないようにして下さい。
綺麗に乾けば薄いですが消えませんので大丈夫です。

尚、白色の製本テープもありますので、どちらをお使いになるかは好みの問題と言う事で適宜ご判断下さい。

ご注意事項等

設立時に法務局へこの定款の写しを提出した際、上記で述べた製本テープの上に載った印影が薄い事
テープが黒色でしたので余計に見難くて角度を変えて光の加減を調整しないと見えなかった事により、
実際に設立処理前に法務局河も検討するとの事となりました。

上記2点の事を判断するに当たり少々即断が難しいとの事で、丸1日写しを局へ預けて内部で協議される事になりました。(^^;

翌日法務局へ赴いた際、乾くと印影は薄いが取れないと言う事で問題は無いとの見解及び回答を頂きました。

この事から、製本テープを黒色にすると同じようなご指摘を受ける可能性が御座います。

そのような場合、「松山地方法務局でも検討された案件」等と、提出時に法務局ご担当者への方へお伝えする事を推奨します。
お伝えしておく事により、その後の処理がスムーズに運ぶと推察します。

定款の写しは纏めて5冊〜6冊程度をご用意されておく事を推奨しております。
設立後、金融機関や取引先等から提出を求められる場合が御座います。
一度にある程度の部数を作成しておけば、後々で作成する手間が省けるのでお勧めです。



ホーム − 会社概要・沿革 − 特定商取引表示 − サイトポリシー − 個人情報保護 − 著作権・商標等 − お問い合わせ

サイトマップ − リンク −  採用情報 − パートナー募集 − 業務提携・その他


このページに関するお問い合わせは info@lightnet.co.jp 迄お願いします。

Copyright(C) 2003 - 2008,, Lightnet Corp. All Right Reserved.